パーソナルカラーカラーアナリスト・カラーアナリストのお仕事実績【カラーのお仕事ファイル】

スマートフォン対応サイト
お仕事ファイルカテゴリー

042専門学校におけるパーソナルカラー診断イベントSalon de lumiere 海保麻里子

専門学校におけるパーソナルカラー診断イベント

[このお仕事の内容]

私が銀座校、新宿校でパーソナルカラーアナリスト&パーソナルカラースタイリスト講座を担当させていただいているH・アカデミーでのイベント。二つの校舎の教え子たちと一緒に、学校の他の講座に通われている生徒さんたちをお客様としてお迎えし、カラー診断イベントを行うというものでした。

最初の「パーソナルカラーとは何か」の説明とデモンストレーションは私が担当し、それ以降のカラー診断は修了生である生徒さんたちが担当しました。今回は私が普段 法人向けに企業セミナーや研修を行う際とほぼ同じ内容で実施しました。

このイベントは事前予約制でしたが、お受けしきれないほどのご応募があるほど大人気でした。学内イベントとはいえ、生徒さんも仕事の現場同様の環境の中で自分の力を試すことが出来て本当に良い経験になったと思います。私がほとんど助け船を出さなくてもよいほどの完成度の高いコンサルティングができ、大好評のうちに終了しました。見ていて本当に頼もしく、そして私自身生徒さんの成長を心から嬉しく思った1日でした(^-^)

[このお仕事ポイント]

「カラーアナリストの仕事は接客業だ」といつも生徒さんにはお話しています。

色彩学に裏付けされたきちんとした診断が出来ることはもちろんですが、それ以上に現場ではコミュニケーション能力が重要になってきます。

授業では色の体系や色彩心理、色の三属性がお顔に与える効果など細かく指導していますので、講座が修了するころにはほぼみんな正確な診断が出来るようなレベルまできています。ただそれを仕事にできるかどうかは、初めて会うお客様やクライアントとどのように関わりながらコンサルティングを進めていけるかが大きな問題になってきます。

魅力あるコンサルティングができるよう、挨拶の仕方から、言葉遣い、立ち居振る舞いなどすべてにおいてお客様が気持ちよく診断を受けて頂けるよう配慮する必要があります。その大変さや感謝された時の喜びを実体験出来たこのイベントは、彼女たちにとって大きな財産になったと思います。最後は生徒さんも充実感溢れる笑顔でいっぱいになりました。今回のイベントで大いに自信をつけてくれたことと思います。

[このお仕事を始めたきっかけ・依頼された経緯]

現在3つの専門学校と講師契約を頂いており、大体常時、週に4~5つの講座を担当しています。

中でもこちらの学校では、パーソナルカラーに特化したクラスを指導しています。今回のイベントは、普段からお世話になっている学校の講座ご担当者からご依頼を頂きました。

学内でも人気が高く、生徒さんのモチベーションも上がるイベントです。首都圏にある各校舎から毎年ご依頼を頂いております。

海保麻里子 Salon de lumiere

スクールインフォメーション