パーソナルカラーカラーアナリスト・カラーアナリストのお仕事実績【カラーのお仕事ファイル】

スマートフォン対応サイト
お仕事ファイルカテゴリー

029カラーのプロになるまでJ&H Studio 棚橋淳子

サロンでのカラー診断業務

[このお仕事の内容]

パーソナルカラー診断、カラーセラピー、パステル和アートを中心に、近くの文化センターでカラー講座を受け持つほか、自宅マンションの集会室にて、パーソナルカラー診断(個人・グループ)、カラーセラピーセッション、パステルワークショップを行っています。

日本カラーミーアシーズンのカラーコンサルタント養成講座と、センセーション・カラーセラピスト養成講座も開講しています。

地域の小・中学校のPTA行事、市民講座、キリスト教会の集会、母校の大学での学生支援行事などでセミナーや講座を行い、「あなたの身近なカラリスト」として、活動しています。

 

[このお仕事ポイント]

「わたしの目にはあなたは高価でたっとい」を心のテーマに、カラーを通して、お客様お一人お一人が、世界で一人しかいない、"かけがえのない存在"であることを実感してもらいたいと願っています。

パーソナルカラー診断で、自分の似合う色を身につけると、生き生きと若々しくなって自信がつくこと。

カラーセラピーで、心のもやもやが晴れてきて、これからの進む方向がわかってくること。

パステル和アートで、自分の中にある創造性に気づき、できあがった作品をいとおしく受け取ること。

カラーが持ついろんな素晴らしいチカラをうまく使って、お客様がご自分らしく輝けるお手伝いをすることが、何よりの喜びです。

[このお仕事を始めたきっかけ・依頼された経緯]

小さいころから絵が好きで、美術系の学校に行きたいと思っていました。でも、将来の職のことを考えて英語の道に進みました。

けれど、結婚した直後、思ってもみない病気になりました。 周りの支えと愛情をいただいて回復した時、自分も誰かを慰めたり、励ましたりできるようになりたいと思っていたところ、結婚式のブライダルフェアーで出会ったパーソナルカラーを思い出しました。

色を少し変えるだけなのに、モデルさんの顔が全然違って見えることに衝撃を受け、ずっと気になっていました。そして、「私も似合う色を診断できる人になって、洋服やメイクのアドバイスをしてみたい!」と思いました。

良き先生と出会い、カラーコンサルタントの資格を取って、先生のスタジオでアシスタントとして仕事をはじめました。

その後、二人の子供が授かり、私には育児とカラーの両立ができず、カラーの仕事から離れました。でも、子供の手が離れてきたころに、「カラーの世界に復帰したい」と思い、自分の教室を立ち上げました。

まだまだ小さい活動しかできていませんが、来てくださった方から「色って面白い!」「色に癒された!」というお声をいただけた時には、本当に嬉しく感謝でいっぱいです。こんなに嬉しいことを仕事にできるのは、ほんとに幸せだなぁとつくづく思っています。

これからも、お一人お一人を大切にしながら、一緒に色の素晴らしさを味わっていきたいと思っています。

棚橋淳子 J&H Studio

スクールインフォメーション