パーソナルカラー【ウインタータイプ(冬)】のファッションコーディネート

スマホ対応ページヘ

ウインタータイプ(冬タイプ)のファッションコーディネート

→ 実際の服のコーディネートはこちら

ウインタータイプ(冬)

誕生日パーティー(春)

お誕生日パーティーにお呼ばれ。確かあの子のパーソナルカラーはスプリング、お花屋さんでカラフルなチューリップのブーケを作ってもらおうかな。似合う色のブーケなんて素敵だよね!

ウインタータイプのレディースコーディネート1

監修:東京カラーズ 桜井輝子

シャープな印象を持つウィンターの人は、コーディネート全体にメリハリが感じられるようにしましょう。コントラストをきかせた配色は、あなたの存在感をカッコよくアピールします。

のんびり過ごす休日(春)

予定のない休日は、前から気になっていたDVDをレンタル。帰りにコンビニでお菓子も買っちゃおう♪ お部屋でのんびり過ごすこんな日も、自分らしいオシャレを楽しみたいな。

ウインタータイプのレディースコーディネート2

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウインターのカラーパレットはビビッドな色だけで構成されているのではありません。パステルカラーよりも更に淡いトーンが似合うことにご注目を!部分使いのロイヤルブルーがコーディネートを引き締めています。

ビジネースシーン(春)

「春一番」も吹きました。コートを脱いだその日から・・と、素敵な着こなしを夢見ていませんか?これからの季節は明るい色をたくさん取り入れて、新しい風をビジネスの場に吹かせてみませんか。

ウインタータイプのレディースコーディネート13

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

色数は出来るだけ抑えて! だからといってマンネリ化は禁物。トーンを合わせて色味をちょっとだけ外して微妙な味付けを楽しんでください。思わぬ効果でクラス感を。靴/バッグはモノトーンで引き締めて。

アウトレットでお買い物(春)

素敵なお店に入って行く時、今日の自分のコーディネートは・・果たして?なんてちょっと気が引けたりしませんか?なるべく自分の好みの恰好で行くとお店の方に的確な提案をしてもらえますよ。

ウインタータイプのレディースコーディネート14

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

深みのあるお色味がお好みのあなたには、デザインもすっきりしたものが雰囲気によく合います。たくさんの色を取り込まずにメリハリ感を出すことが大切。靴・バックは主張のあるものを選びましょう。


オフィススタイル(夏)

まだまだ続く暑い夏。 オフィススタイルも、涼やかで爽やかな印象にまとめれば、いつもより仕事がはがりそう。

ウインタータイプのレディースコーディネート3

監修:東京カラーズ 桜井輝子

華やかなフリルブラウスは、ごく淡いピンクをチョイスすれば甘くなりすぎません。スカートには、シンプルなシルエットの黒を合わせるのが正解。ここでは、パンプスをコーディネートのアクセントにしています。

姪っ子と公園で過ごす(夏)

夏の日差しにも負けず、姪っ子を連れて公園へ。今日は動きやすいコーディネートで童心に返って思い切り遊んじゃおう!手作りのお弁当、喜んでくれるかな。

ウインタータイプのレディースコーディネート4

監修:東京カラーズ 桜井輝子

デニムにキャスケットのカジュアルな装いを、ダークなグリーンのタンクトップでメンズライクに!グリーンの補色である鮮やかな赤は、ほんのワンポイントで取り入れると、ハッとする女の子らしさを演出できるかも。

アフター5の暑気払い(夏)

暑気払いのお世話役をする事になりました。会場はシーサイドのシャレたホテルです。暑いからといってラフな恰好でいっては評価を下げてしまいます。適度にキチンと感を出すのがポイントです。

ウインタータイプのレディースコーディネート15

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

いつもキチンと感を出すのがお得意のタイプの方ですが、こんな時には少し甘さを出してもいいはず、小面積ながらインパクトのあるインナーはコバルトブルーのカーディガンと合わせれば効果てきめんです。

湘南海岸にドライブ(夏)

夏休みになりました。気の置けない女の子どうしでドライブに出かけました。ビーチサイドのお気に入りのレストランでランチを。潮風をいっぱい受けて磯の香りを存分に味わいたい。

ウインタータイプのレディースコーディネート16

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

海の色、空の色、そしてあなたにお似合いの色はブルー、ベースはただ素直にこれを取り込んで。そしたらやっぱりアクセントは白に限ります。そしてバッグはグレー。ブルーと白をうまく中和させてくれます。


家族で外食(秋)

今夜は久しぶりに家族揃って外食。秋の味覚が楽しめる和食屋さんで、ゆっくり美味しいものを堪能することに。 ナチュラルなコーディネートなら仕事やプライベートの話に花が咲くかな。

ウインタータイプのレディースコーディネート6

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウィンターの人が着る黒は、ひときわ輝いて見えるもの。プリント柄のアイテムは、色柄のはっきりしたもの、コントラストの効いたものがおすすめです。

美術館でデート(秋)

芸術の秋には少し着飾って彼と美術館へお出掛け。いつもより上品にまとめたつもりだけど、彼は気付いてくれるかな。 素晴らしい作品を鑑賞して、ファッションセンスを磨かなきゃ!

ウインタータイプのレディースコーディネート5

監修:東京カラーズ 桜井輝子

全体をパープルの濃淡でまとめ、ジャケットもしっかり感のあるものをコーディネート。ウインターの人がブラウン系を着る時には、限りなくダークなチョコレートブラウンがおすすめ。黒とは違うテイストが楽しめます。

上野公園へ美術散策(秋)

芸術の秋・スポーツの秋、秋はとかく感性をくすぐられるようなシーンに出くわす機会が多いですね。今日は気合いを入れていくつか美術館を巡りたい。そうそう動物園でパンダにも合いたいな!

ウインタータイプのレディースコーディネート17

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

浅いvネックにカシュクールのニット、モノトーンで決めれば胸元がスッキリとエレガントに。ダークグリーンは青みを強くしてブラックと調和をはかります。同じく黒のハイソックスで繋げればバランスよく纏まります。

クラス会の集まりに(秋)

鑑賞の秋、音楽やアートに親しむのも良いですが、人と人との繋がりを深めていきたいのもこの時期。年に一度のクラス会はいつもこの時期、今年は隅田川の遊覧船で浅草までのコースを楽しみます。

ウインタータイプのレディースコーディネート18

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

秋になるとボルドーなどのパープル系の色味ががぜん多くなりますが、ウインターの方にはこんな色調を選んでいただきたい。あくまでも青みが強く、深みのあるお色味で個性的に装いましょう。


オフィススタイル(冬)

今日から始まる新しいプロジェクト、まずは大切なお客様との顔合わせからスタート!第一印象は重要なので、きちんと見えるジャケットスタイルをチョイス。気を引き締めて行こう!

ウインタータイプのレディースコーディネート7

監修:東京カラーズ 桜井輝子

シンプルなブラックスーツを華やかに着こなせるのはウィンターの人ならでは!首に巻いたスカーフは、差し色効果の高い同系色の柄物をチョイス。アクティブなキャリアウーマンのイメージで!

ショッピング(冬)

彼へのクリスマスプレゼントを探しにショッピング!冬はなんとなく暗めの色を選びがちだけど、ポイントで鮮やかな色を持ってくると寒さも吹き飛びそう。 色のパワーってすごいよね!

ウインタータイプのレディースコーディネート8

監修:東京カラーズ 桜井輝子

鮮やかなマゼンタのストールと、自慢のバックが気分を上げてくれるコーディネート。バッグの柄として使われている色のひとつが、ストールの色とピッタリ合っているんです!

アフター5の英会話教室(冬)

アフターファイブは、自己研鑽のチャンスですね。今日は英会話のフリートークレッスンに。ビジネスマンも大勢参加するので、きちんと感は大切。かといって堅過ぎないことがポイント!

ウインタータイプのレディースコーディネート9

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

色数は少なめに、ラインをシャープに決めるのがウインターの方にもっともフィットするイメージです。傍目にはややクールに見えるかも知れませんがそれが個性です。内面にあるきらりとした光を周囲に感じさせます。

サッカー観戦(冬)

ボーイフレンドの感化で、最近、競技場でのサッカー観戦が好きになりました。でもこの時期の寒さは相当堪えます。ヒートテックでインナーを固めて出来るだけフィット感を出すのが今年流。

ウインタータイプのレディースコーディネート10

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ブルゾンタイプのジャンパーを小粋にはおり、白のウールマフラーはコンパクトに首元に。キャスケットとスリムパンツは同柄で合わせて纏まり感を出してください。モノクロームのスニーカーで決めれば完璧。


ホテルのディナーショー(冬)

外は木枯らしが吹いていてもどこ吹く風。万全の空調設備の中で寒さを忘れるひととき。それぞれの個性を重んじながらも、会場の雰囲気に合わせて馴染感をもたせるのがポイント。

ウインタータイプのレディースコーディネート11

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ドレスは雰囲気のあるパープル系のぱきっとした色に黒のフレームが直線で交差しています。存在感抜群のウインターの方にぴったり。同系色のパターン柄のバッグをそれとなく添えて纏まり感を。持ち手の白がアクセントに。

お台場にショッピング(冬)

ハイセンスなファッションを求めてお台場にショッピング。晴れていても海風は容赦なく吹きすさびます。ショールやロングブーツでしっかりガードしてお気に入りのショッピングモール巡りを。

ウインタータイプのレディースコーディネート12

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

黒・グレーのウインターカラーに相性のいいのがパープル系カラーです。モダンテイストでコーディネート。多くの色を使わなくても十分に主張するのがこの組み合わせ。タータンチェックのショールもしっかり溶け込みます。


休日の散歩(春)

たまの休日は早起きして、新緑の香る朝の公園まで散歩。帰りにお気に入りのカフェにも寄ってみようかな。似合う色のシャツを切るだけで、普段着もなんだかいい感じに見えるのは不思議。

ウインタータイプのメンズコーディネート1

監修:東京カラーズ 桜井輝子

深みのある色や濃い色は、ウインターの人がもつキリリとしたイメージとのバランスが良く、瞳の印象も際立ちます。ここでは、深みのあるグリーンを主役にしています。

古都鎌倉にハイキング(春)

春まだ浅い休日の朝です。この季節になるとぶらっと訪れたくなるのは古都鎌倉です。少しずつ芽吹いてくる樹々の息吹を感じながら神社仏閣を歩いて回るのが好きです。

ウインタータイプのメンズコーディネート13

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

全体をクールカラーで知的にまとめるとウインタータイプの方のイメージにつながります。ラインも直線を意識してスッキリとまとめてください。清閑な印象は研ぎすまされた境内の空気にぴったりです。

北の丸公園を散策(春)

都心にこんな広々とした公園があるなんてとてもうれしいです。ようやく薄緑色を帯びてきた芝生では、幼い子を連れた家族や、ペットと興じるカップルが休日を楽しんでいます。

ウインタータイプのメンズコーディネート14

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ベーシックなモノトーンの配色は、きりりとした知性を醸し出せます。あまり多くの色を必要としないのがこのタイプの方の特色ですが、ワンポイントアクセントとして、ウエストポーチには気合いを入れてみてください。

水族館でデート(夏)

週末のデートは水族館に行くことに。水族館なんて何年ぶりだろう。シンプルでカジュアルな服を、オシャレに着こなしたい!

ウインタータイプのメンズコーディネート2

監修:東京カラーズ 桜井輝子

黒に近いダークグレイのシャツに、真っ白なパンツを合わせて軽快に。ボトムを明るい色にすることで、スポーティーなカッコよさを演出!シンプルなコーディネートには、鮮やかな小物が良く合います。


クールビズ(夏)

クールビズ、本当は何をどう着ればいいのか分からないんだよな。いつもの白い半袖Yシャツから脱却したいけれど、あまり冒険はしたくない。どうすればいいいだろう…

ウインタータイプのメンズコーディネート3

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウインターの人は、顔の近くにハッキリした色をもってくることでバランスが整い、爽やかな印象になります。ブルー系であれば、存在感のある太めのストライプでも大丈夫。

ハワイ旅行(夏)

今年の夏のバカンスは、友人と念願のハワイ旅行です。何と言っても開放的な気分に浸れるのが魅力です。先ずはファッションから決めて、思いっきりエンジョイしたいと思っています。

ウインタータイプのメンズコーディネート15

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

一見ハードにも感じられるコーディネートでもこのタイプの方が身につけると馴染んでしまうから不思議です。開放的なシーンだからこそあなたの内面がより際立ちます。

潮干狩り(夏)

夏はやっぱり海がいい、ウインドサーフィンも楽しみたいですが、家族連れで行けるのは潮干狩り。子供の頃、両親に連れられて行ったあの海岸はやっぱり懐かしい。

ウインタータイプのメンズコーディネート16

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

海の色は、このタイプの方の色です。もう馴染みすぎちゃうくらい馴染みます。安心して自然界に身を任せて大丈夫です。たくさんの海の幸が期待できそうです。

ショッピング(秋)

今度の連休は、ゆっくりショッピングに。気になっていたアウトレットモールに行ってみようかな。涼しくなってきたこの時期は、重ね着でカラーコーディネートを楽しみたい!

ウインタータイプのメンズコーディネート4

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウインターの人はチャコールグレイや黒が良く似合いますが、全身グレイではオシャレに見えません。パンツをグレイッシュパープル、バッグを鮮やかなイエローにすることで、動きを出しています。


美術館巡り(秋)

名画や工芸品は、現地で作品を感じるのが一番!でもなかなかそうも行きません。そんな時嬉しいのが特別展示のイベント、情報収集は程々に、定説に惑わされずに五感で感じたいのが自分流。

ウインタータイプのメンズコーディネート17

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

「感覚を研ぎすませて」の気合いが伝わってくるようコーディネートを心がけましょう。日頃のあなたのセンスがはかられるような機会です。少し思いきった組み合わせもこの機会なら大丈夫。

起業セミナーに参加(秋)

昨今の社会情勢は、将来への展望をいやが上にも考えさせられる状況になってきています。たまたまネット上で起業を考えている人向けのセミナーがある事を知り、先ずは参加をと思い立ちました。

ウインタータイプのメンズコーディネート18

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

どんな機会にも自己アピールは大切です。より自分らしく、ストレートに相手に伝えるためには、外見もそのように。クールでモダン、ストレートが売りのあなたのコーディネートです。

ドライブ(秋)

秋の終わりに…ゆっくり聴きたい音楽を流しながら夜のドライブ。リラックスタイムには、さりげない差し色でこだわりのおしゃれを楽しみたい。

ウインタータイプのメンズコーディネート5

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ライダースジャケットを主役にしたクールな装い。チラリとのぞかせるインナーにこそジャケットと同系色のビビットカラーを合わせ、こだわりのオシャレを!

スーツ(冬)

週の真ん中、水曜日は…なんだか眠い。しかも今日は一日オフィスワークの予定。こんな日こそ気合いを入れ直して、遊び心を取り入れた自分らしいスーツを着こなそう。

ウインタータイプのメンズコーディネート6

監修:東京カラーズ 桜井輝子

仕立ての良いネイビーストライプのスーツを着れば、背筋もシャンとして気が引き締まりそう。ネクタイのストライプとチーフには、ポイントで赤を使って人目を引いて!


友人との新年会(冬)

正月は毎年実家に帰ってのんびり過ごすのが恒例。今夜は中学時代からの仲間たちを集めて新年会で大盛り上がり! こんな時こそおしゃれにもこだわりたい。

ウインタータイプのメンズコーディネート7

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ウィンターの人は濁りのないはっきりとした色が得意。原色を取り入れたこんな大胆なスタイルでも、不思議と派手に見えないものです。赤・黄・青をそれぞれ違う面積で使ってメリハリをつけるのが成功のポイント。

プレゼン(通年)

今日は会議の場で、新規プロジェクトのプレゼンテーション。クライアントに対して信頼感と熱意をアピールしたい、「ここ一番」の大切な日。

ウインタータイプのメンズコーディネート8

監修:東京カラーズ 桜井輝子

ダークなネイビーのスーツは、ウインターの人をキリリと知的に見せてくれます。Vゾーンは上質な素材の無地でまとめるとフォーマル度がアップ。ここでは、シャープな印象を与える赤系のストライプタイを合わせました。

銀座ショッピッング(冬)

そろそろバレンタインデー、今年はチョコレートを幾つ貰えるかな? そうそうホワイトデーには、気の利いたお返しをしなくっちゃ! 今から下調べくらいはしておこうっと。

ウインタータイプのメンズコーディネート9

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

ジャケパンスタイルはネクタイはなくてモいいのですが、ウインターはよりシャープに決めてこそのセンス。さりげなくこんなドットパターンで。今年はドットが大流行りです。

休日にハイキング(冬)

運動不足の毎日、電車を乗り継いで近くの小高い山にハイキング。ガールフレンドと一緒なので、フットワークのいいファッションで機敏に行動。気配りのマナーを心がけたい。

ウインタータイプのメンズコーディネート10

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

こんな時でもシンプルにスッキリとまとめあげたいのがウインタータイプ。このままタウンウエアーでも行けそうなアーバンチックに決めたい。ウエストポーチをアクセントに。


サッカー観戦(冬)

学生時代にサッカーをやっていました。懐かしくてグランドによくサッカーを観に行きます。選手と違って応援する方は結構寒さが堪えます。ガールフレンドと一緒なので気分はホットなのですが。

ウインタータイプのメンズコーディネート11

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

寒さの中ですが爽やかブルーで個性的に。流行に左右されずに自分に似合うラインをみつけるのがおしゃれ上手。 白のトリミングがエッジを際立たせています。

ビジネスシーン(通年)

先ずは毎日のビジネスシーンから、個性重視でより良いコミュンケーションを諮りたいもの、これが成功への近道です。画一的に見られがちなこのシーンこそ、微妙な違いを大事に捉えたいものです。

ウインタータイプのメンズコーディネート12

監修:salon de couleurs 堀本 恵子

Yシャツは白、スーツは黒、この基本形がもっとも調和するのがウインターの男性です。シャープで清潔感あふれる着こなしが好感度を呼びます。バッグも方形がベストマッチ。