営業資料

営業は話し言葉ではなく書き言葉

セミナーで、営業というものをイメージしてもらうと、「営業のスキル = 話術」「営業ができる人 = 話上手」と思う方が多いようです。

確かに間違っていません。

ただし、「話上手な人 = おしゃべりが得意な人」ではありません。

話上手な人の話(言葉)は、話し言葉ではなく、書き言葉なのです。


私のセミナーでは、最近は一貫してこう言い続けています。

「営業トークは話し言葉ではダメ。 営業トークは書き言葉が大事。書き言葉が駆使できるようになると”しくみ”という概念がわかるようになり、その” しくみ”をまとめると営業戦略、しいては経営なのです」と。


書き言葉は、国語力が必要となります。


もともと私は国語が大の苦手で、小学校から中学校の成績が「優秀」となったことはありません。


本を読むことも嫌いでした。嫌いというより苦手でした。じっとしていられない性分だったのです。


今の私は大きく変っています。本は大好きですし、言葉遊びも大好きす。ホームページ製作の仕事では、偉そうにも「伝えたいことを文章できちんと表現するのがホームページです。デザインなどカッコつけは後でもいいのです」といかにもコンサルチックなことをやっています。


私が国語力を身につけるきっかけとなったのは、女性ジャーナリストからアドバイスです。


「400字の原稿用紙1枚を、テーマは何でもいいから毎日書く。しかも、できるだけマスは埋める。ノートとかワープロじゃなくて手書きで書く」


これ以上は何も教えてくれませんでした。「どういう効果があるの?」と聞いても答えてくれず、でも、その人のオーラというのか、なんだかカッコイイと私の目には映ったので、続けてみることにしました。

やっぱり説得力というのは、その人のオーラがあるって凄くポイント高いですよね。

理由がわからないままでも、やってみようと思うわけですから。


これまた数ヶ月でギブアップしたのですが、数ヶ月は続けただけで効果がありました。

やればやるほど色々な気付きがあり、その凄さ、大きさは感動しました。


よく、ビジネスでは「起承転結」ではなくて「結」からはじめることが肝心と言われますよね。

その、「結」からはじめる理由がよくわかるのです。

というよりも、「結」からはじめないと原稿用紙1枚には入らないのです。


どうしても難しい内容をテーマにすると、能書きが多くなります。難しいテーマなので結の部分も多くなります。簡単に文字数オーバーです。結からはじめると、意外とすんなり!能書き部分が邪魔なものに見えてくるのです。自分の文章を自分で、「これじゃ、見た人わからんわ」と突っ込みも入れたくなります。


原稿用紙1枚で完結することがどんなに難しいか。


また、日記のような簡単なテーマだと、「転」をうまく使うかどうかが、1枚に収まるポイントになります。

「転」がボリュームあって、他が少なくても、行間に潜めたものがなんだか味を出すというのか、わざと隠したような小技を習得したというのか、少なくとも小学生の日記からは卒業できます。


こうやって、テーマによって書き方が違ってくることも実感できました。


理屈で教えられて、話を聞いて理解するよりも、自分で確認できるので、この手法はオススメです。


この「原稿用紙1枚」がキーポイントです。


今、あらためて、この訓練方法を人に伝えてみてわかったのですが、原稿用紙1枚というのは、営業においては「限られた時間」に置き換えられると気付きました。


限られた時間で、いかに自分の商品やサービスのことを伝えるか、もしくは自分をいかに売り込むのかですよね。


まだまだボキャブラリーが足らない私ですが、一般人並の国語力はついたのではないかと思っています。


松尾和馬matsuo@fitin-color.jp


講師プロフィール
松尾和馬
松尾和馬
プログラマー・システムエンジニア技師として富士通関連の会社に勤務、のち知人と会社設立、会社役員として数年経験したのち独立する。
中小企業の情報分野の顧問サービスを展開、またカラー関係分野に携わり個人自営業としての経営・営業・広報の相談ごとを多く受ける。
資格としてはシステムアドミニストレーターを所持。
また、家族の経営する会社の経理業務を大学在学中に携わったため、資格はないが簿記・経理には精通。
新事業など情報戦略のセミナー講師、パソコン講師の経験豊富。
山口県出身 神戸市在住 昭和42年生まれ 趣味は音楽
セミナー依頼・HP作成依頼
TEL:078-762-8874
matsuo@fitin-color.jp
http://www.fitin-color.jp