スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

サービス内容を決める

サビス内容

どのようなクライアントに対してサービスを提供するかということです。例えば年代ひとつ取ってみても、自分と同年代の人たちなのか、自分よりも若い人たちがお客様になる確率が高いのか、あるいは目上の方々に対してサービスを提供する機会が多くなりそうなのかという3パターンのケースが考えられます。

また、クライアントが子育て中の主婦なのか、独身で総合職に就いている人なのかによってもアドバイスの内容は大きく変わってくるはずです。

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント3より】

サービス内容は、サロンのコンセプトによって変わってきます。そして、どのように提供するかによっても変わってきます。

  • 自宅サロンで提供する【ヒント4】
  • レンタルスペースなど会場を借りて提供する【ヒント5】
  • 出張サービスで提供する【ヒント6】

どんなサービスを始める場合でも、最初は0からのスタートですので、わからないことも多いです。実施してみなければわからないこともたくさんあります。

開業する前に「これから来てくださるであろうお客様像」をできるだけ明確にイメージし、そのお客様に喜んで頂くためには「何をどのように準備すれば良いのだろう」と考えることがとても重要なのです。

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント3より】