スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

印刷物作成の手順

印刷物

カラーセラピー用はそうでもありませんが、パーソナルカラー用の教材は色の管理が難しく、印刷屋でパーソナルカラー用の印刷物を作ろうと思うと、10 万円以上かかることはざらにあります。
〜中略〜

カラーを仕事にするための55のヒント【コラム15より】

お客様に差し上げるカードなど、印刷物は自分で作れたほうが良いですよね。

自宅でインクジェットプリンターを使って印刷物を作るときの手順を紹介します。

準備するもの

  • 1.PC。ウインドウズ、Mac、どちらでもOK です。
  • 2.インクジェットプリンター。ある程度グレードの高い機種を。レーザープリンターより発色が良いです。A3 対応だとより良いです。インクは必ず純正品を使用します。純正品でないと、インク交換のたびに色が変わってしまうリスクがあります。
  • 3.ソフト。Adobe Illustratorがベストですが、他のソフトでもOKです。ワードでも作れます。
  • 4.紙

手順

  • 1.最初に使う紙を決める。
  • 2.使うソフトを決める。
  • 3.印刷設定を決めて、カラーチャートを出力する。
  • 4.データを作って、3のカラーチャートから色を選ぶ。

紙、ソフト、印刷設定、どれかが変われば色がかわってしまいます。特に紙は注意が必要です。