スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

仕事が無い時の過ごし方

仕事が無い時の過ごし方

仕事が無い時にどう過ごすかで、ビジネスは変わってきます。

私の場合、仕事が少ない時期には色に関するコラムを積極的に書くようにし、コツコツとホームページにアップしていました。ある時、マスコミから取材の連絡が入りました。聞けば、2年以上前に何気なく書いたコラムをお読み頂いての取材依頼。どんなに「鳴かず飛ばず」の状態が続いたとして も、情報を発信し続けてきて本当に良かったと思えた瞬間です。

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント20より】

カラーの仕事を続けていくために、常に情報を発信していくということは、大切なことです。

情報を発信するためには、勉強が必要で、その勉強が力になるという面もありますし、良い情報を発信していれば、上記のように仕事につながることがあります。

情報発信以外にも、資料の整理やまとまった時間にしかできないことなど、できることはたくさんあると思います。私がおすすめしたいのは、ホームページ(以下HP)やブログの見直しです。

見直しという、改善の積み重ね

仕事とともに成長し、あなた自身が前とは変わっている。それなのに、HPやブログが、前に作った時のまま。

これでは、効果的にあなたの魅力や情報を発信することができません。

あなたの成長と共に、HPやブログを更新すべきです。

更新と言っても、大掛かりなリニューアルをする必要は、必ずしもありません。

  • プロフィールの内容を確認する。
  • サロンの紹介文・レッスンの紹介文を確認する。
  • 掲載している写真を確認する。

より良い文章、良い写真があれば、変えてみましょう。

たった一行変えるだけで、お客様が二人増えるかもしれません。


「買い取りします」「お売りください」にしたら、買い取り数が増えてビジネスが広がった。

1店舗の中古書店が、東証一部の企業に。ブックオフの実例です。


Googleは、ネット広告という「言葉」で数兆円の売上を稼ぎ出します。


人は言葉で物事を考えます。言葉の力はすごいです。

暇な時の、ほんのちょっとした改善の積み重ねが、どんな広告よりも効果的だったりします。