スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

名刺

名刺

ビジネスを始めるなら、まず最初に用意したいのが名刺ですね。

名刺は会社・サロン・その人の顔ですから、一番良いのは、サロンのコンセプトを効果的に表現するデザインをプロに作ってもらい、紙もコンセプトを表し、カラーの仕事をPRするのに相応しい紙を選んで作ることです。

でも、これは20,000円〜200,000円とお金がかかります。


ネットの印刷屋だと、数百円で作れるところがあります。

テンプレートも豊富で、自分でデザインができなくても、見栄えの良いものが簡単に作れます。

色々調べて、自分にあったものを探してみましょう。


もちろん、自宅のプリンターで、名刺用紙に印刷して作る方法もありますが、作り方しだいで、すごく手作り感のある、ビジネスとしてはNGなものができてしまいます。

自宅プリンターで作るときの注意点

印刷が粗い・筋が入っている

キレイに出力できる印刷設定で印刷しましょう。特にカラーのお仕事ですので、キレイな仕上がりであるべきです。

たまに、筋が入る場合があります。これは特にNGで、渡すたびに悪印象になる可能性があります。私も何度かもらったことがありますが、「ああ、この程度の仕事しかできないのかな」と思ってしまいます。

印刷前にノズルチェック(目詰りしていないかどうか)をして、筋が入ったら、もったいないですが作り直したほうが良いです。

しっかり端まで印刷できていない・印刷がずれている

端までベタ印刷をするときは特に注意が必要です。端までしっかり印刷されていないと、見栄えが悪いです。少し印刷がずれると不良になることが多いので、不良が多かったら、デザインを見直した方が良いかもしれません。

また、給紙の際に用紙が少しずれたのか、たまに印刷が少し斜めになっていたり、印刷位置が中央にきていない名刺を見ます。ちょっとでも自分で違和感を感じたら、作り直すのがオススメです。その違和感はもらった瞬間に気が付かれることが多いと思ってください。

ミシン目が入っている

ダメというわけではないですが、ミシン目の入らないタイプの用紙に印刷したほうが良いと思います。

ちょっとした驚きを

名刺に工夫がしてあると、その人のこだわりを感じることができますし、話のタネになったりします。

レーザーカットカット・箔押しやエンボス加工・特殊印刷など、少し違うと記憶にも残ります。

お金がかなりかかる方法もありますし、かからない方法もあります。

「名刺 工夫」などのワードで調べると、かなりヒットしますので、作る前にはぜひチェックしてみてください。


ちなみに私(AIS八幡)の名刺は小口(紙の上と下)にコーポレートカラーの赤の色をつけています。

ほとんど気が付かれませんが(おそらく1%以下)、気づいた人に「あっ」と思ってもらえればいいなと思っています。