スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

ブログ・HP作りのポイント

hp

ブログやホームページを作る際に、いくつかポイントがあります。

自分で作る場合も、業者に依頼する場合も共通です。このポイントを押さえれば、業者に依頼する場合スムーズで、安くできるかもしれません。

いずれにせよ、まずすべきなのは、しっかりとサロンのコンセプトなどを決めておくことです。全てはそこから構築していきます。

  • 1.掲載したい内容を全て書き出す。
  • 2.書きだしたものをカテゴリー分けする。
  • 3.会社案内・プロフィール・レッスンの説明文などを書き出して精査する。
  • 4.どんな写真画像やイラストが必要かを考えて用意する。
  • 5.独自コンテンツを考える。
  • 6.テーマカラー・デザイン・レイアウトなどを決める

1.掲載内容を決める

できるだけ多く書き出します。一枚の大きな紙に書き出すと、2のジャンル分け作業が楽です。

オープン当初は掲載する内容が少なくて困ることが多いです。他のサロンはどんな内容を掲載しているかチェックすると、とても参考になります。

2.カテゴリー分け

書きだしたものをカテゴリー分けします。カラーサロンならこんな感じです。

  • 会社案内→サロン情報・講師プロフィール・実績・コンセプト・メッセージ・アクセス
  • レッスン→お試しレッスン・カラー診断・ペア診断・骨格診断・TCカラーセラピー・色彩検定3級対策・アナリスト養成講座
  • 研修・イベント→営業職向け研修・デパートのイベント例・保険会社向けセミナー
  • 独自コンテンツ→無料カラー診断・色と心理・コラム・色名辞典
  • お問い合わせ

3.説明文などを書き出して精査

2で大体のページ構成がわかります。2で挙げた項目一つ一つの文章を考えます。

これが一番時間がかかります。無駄に長いと文章だとNGです。読んでもらえない前提で文章は考えたほうが良いです。

何度も書き出しては消してを繰り返して、よりわかりやすく、サロンの特徴が出る文章を作っていきます。

4.写真画像やイラスト

ここまでくると、必要な写真画像やイラストがわかります。

予想以上に、かなりの枚数が必要になると思います。

出来る限り自分で撮影して集めるのが良いですが、足りないものも出てきます。その場合は、買ったり無料ダウンロードサイトを探したりして揃えましょう。無料ダウンロードサイトは注意が必要です。基本的には商用OKでないと使用できません。詳しくは各サイトの利用規約をしっかり読みましょう。

特にカラーの仕事はビジュアルが重要です。画像1枚次第で売上が何倍も違ってくるということもあります。妥協して中途半端な画像を使うと逆効果になることもありますので、ご注意ください。

5.独自コンテンツ

集客のために、独自コンテンツがあると良いです。詳しくはコンテンツの役割をご参照ください。

選ばれるのは、良いコンテンツがあるサイトです。本気でビジネスにするなら、このコンテンツに時間をかけましょう。

6.デザインやレイアウト

無料ブログ・HP作成サービスですと、イメージに近いテンプレートを選ぶ形になると思います。業者に頼む場合は、正確に自分のイメージを伝えましょう。また、将来拡張できる仕様にしましょう。コンテンツやメニューなど、掲載内容が増える可能性があるものをピックアップすると良いです。

最初の構造以外のものを追加する場合、最悪の場合は作り直しになりますので、ご注意ください。