スマートフォン対応サイト

カラーを仕事にするためのヒント

コンセプト作り

どんな仕事をするにしても、最初にコンセプトを決めることはとても重要です。

まず、カラーのどの分野でエキスパートになりたいのかを決める。これこそがカラーの仕事をスタートする上での大切なコンセプトになります。 では、優先順位を決めるにはどうすれば良いのでしょうか?
〜中略〜

1.今までに学んだことの中で、学んでいて楽しかった分野でプロを目指す。
〜中略〜

2.今まで自分がやってきた事と関連する項目でプロを目指す。
〜中略〜

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント2より】

コンセプトが決まると

コンセプトは、「どんなサービスを」「どんな客層に」「どのようにして届けたいか」などを考えながら、真剣に自己と対峙する中で生ます。

コンセプトが決まれば、様々なことが決まっていきます。

  • キャチコピー
  • サービスメニューと料金
  • ロゴ・コーポレートカラー・名刺・封筒・使用するフォント
  • ホームページやブログのデザイン・文章

などなど。

ビジネスに必要な全ての演出は、コンセプトによって決まります。

コンセプトがしっかり決まっていないと、何を作るにも、いきあたりばったりで統一感のないものになってしまう可能性が高いです。そして、あなたの伝えたいメッセージも、お客様に届かないかもしれません。

カラーの仕事は、「美」を提供する仕事ですので、美意識と統一感は「プロの雰囲気」を演出し、ビジネスに直結していきます。


10000人以上がカラーのサービスを行っている中で、お客様に選んでもらうには、お客様がはっきり感じることができるコンセプトが重要です。