色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:48 M:10 Y:0 K:0
  • R:119 G:184 B:218【#77B8DA】

勿忘草色(わすれなぐさいろ)

明るい青

勿忘草の花のような色。明治時代からの色名です。


「フォーゲット・ミー・ノット (forget-me-not) 」の訳語です。

元はドイツの伝説に由来しています。


恋人のために、小島に咲く青い花を採ろうとして川に落ち、急流に巻き込まれた青年が最後に叫んだ言葉 (vergiβ‐mein-nicht)

「私を忘れないで」が、そのまま花の名前になり、英語の(forget-me-not) フォーゲット・ミー・ノットとなり、1877年には英語の色名になりました。


恋人の女性は、その言葉を忘れず、この花を一生髪に飾り続けたそうです。


この伝説の花に魅せられたのは、明治文学の若き先導者たち...。

上田敏の有名な訳詩集『海潮音』に、ウィルヘム・アレントという詩人作の「わすれなぐさ」が紹介されています。


「ながれのきしのひともとは、 みそらのいろのみずあさぎ、なみ、ことごとく、くちづけし、はた、ことごとく、わすれゆく」

これがそのまま日本でも、花の名前、色の名前、として知られるようになったといわれています。


【一言メモ】

勿忘草の花のこと。

ヨーロッパが原産。5弁花です。

春から夏にかけて、青または紫色のかわいらしい花が咲きます。

「忘れ名草」とも書きます。


☆バースデーカラー☆10月2日 

【キーワード】

◇ Fair(公平な、公正な、まっすぐに)

◇ Discerning (~はっきり認める)

◇ Mediator(マスコミ報道をする人)

さて、どんな人物像なのでしょうか?


【参考文献】定本 和の色事典新版 色の名前507COLOR STROLOGY


にじ色♪ハート友森 みどり

にじ色ハート♪
友森 みどり