色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

若竹色

日本では、古くから竹が栽培されてきましたが、竹の幹の色から採られた青竹色が江戸時代の中期に出現しました。そこから派生したのが若竹色であり、若い竹の幹のような爽やかな緑色です。

若竹は青竹に比べてより若い竹の色を表わしています。竹色という色名はなく、老竹色に対する若竹色であり、まさに老若を対照とする色名として使用されています。

すでに科学染料の時代に入ろうとしていた明治大正の頃にできた色名といわれ、若向きの訪問着や振り袖などに多く用いられています。


参考文献