色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

橡とは櫟(くぬぎ)楢(なら)柏・樫などブナ科の落葉高木の実で、一般的に「どんぐり」と呼ばれ親しまれているものです。その実は食用や染料とされ、樹皮もまた簡便な染料として使われました。

それだけに「橡色」は誰でも出せる庶民の色とされ、身分の低い人の衣服の色として用いられていました。

しかし平安時代になると仏教との関わりが深まり、法衣あるいは喪服に使われるようになります。

源氏物語には、喪の場面があり、関係の深さによって橡色の濃淡を使い分けた様子が描かれています。


参考文献