色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

藍染めで染め出される緑みの濃い藍色で、鉄の焼肌の色からきたという説と、陶器に用いる絵具の一種の呉須(ごす)に鉄分が含まれた色からきたという2つの説があります。

鉄色は、江戸時代中後期や明治中頃から大正にかけても流行した色の一つで、堅実なイメージの色感から番頭や手代の羽織や前掛にもよく用いられました。

藍染で出される色のなかでも、暗い緑みの形容に用いられており、青みの濃い鉄色を鉄紺といいます。他にも鉄納戸、鉄鼠、鉄深川など鉄色に因んだ色名は広く用いられていました。


参考文献