色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:57 M:0 Y:20 K:8
  • R:91 G:179 B:181【#5BB3B5】
  • 2.5B  6.5/5.5

新橋色【JIS】

明治中期に、化学染料が用いられるようになり、着物に鮮やかな色が使われるようになりました。

大正5年、当時、花柳界の新興勢力だった新橋の芸者たちの間で、ハイカラな色としてもてはやされたことから、一般にも広まり「新橋色」として流行色となりました。


【参考文献】色名の由来(東書選書)、新色名辞典(日本色研事業)