色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

千歳茶

千歳茶は、揚梅(やまもも)の皮を染料とした鶯色を暗くしたような黒みの渋い茶色のことをいいます。

江戸時代後期の流行色の一つで、特に京阪で夫人の紬の紋付や、男性の木綿の着物に用いられました。江戸時代には「四十八茶百鼠」といわれたように、様々な中間色が出てきましたが、この千歳茶のようなオリーブ系の渋い中間色も「茶」と呼ばれていました。

また、「せんさいちゃ」は、「千歳茶」と「仙斎茶」と2つの表記がありますが、縁起のいい千歳の字をあてた「千歳茶」が一般につかわれるようになったといわれています。


参考文献