色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

利休鼠

色名に「利休」が冠される場合は、桃山時代の大茶人千利休から茶道を連想し、茶葉や抹茶の緑色に思いが及んだものとされます。利休が好んだ色を利休色といい、他に利休茶、利休柳などがあります。

千利休は華美を嫌い「侘び」の精神を広めましたが、本人が色を指示したわけではなく、後世に名付けられました。利休鼠のクールで微妙な色調は「粋」好みの江戸の人々に愛され、風流で高尚な色として使われてきました。

文明開化以後の文化人北原白秋作詞の「城ヶ島の雨」に「利休鼠の雨が降る」と歌われ、広く知られるようになりました。


参考文献