色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

熨斗目色

熨斗目色とは、やや灰味の濃い青色のことを言います。

「熨斗目」は本来、生糸と半練糸で縞や格子などに織り出した先染めの織物の名でしたが、後にこれで仕立てられた小袖をさすようになり、江戸時代では、当時の身分制度である士農工商において士分以上の礼服として、麻裃の下に必ず着用するものとなりました。

歌舞伎の市川団十郎の役者色である「舛花色」は、この熨斗目色から派生したといわれています。

庶民には「熨斗目」を着ることは許されなかったようですが、藍染の色の一つとして愛されたようです。


参考文献