色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:0 M:55 Y:25 K:0
  • R:232 G:134 B:143【#F58F98】

桃色【JIS】

明るい紅。別名 桃花色 (ももいろ)

桃の花のような色のこと。「桃色」という色は室町時代から。

古くは桃染の色のこと。「つきそめ」と読むという説もある。


『万葉集』に、

「春の苑 くれないにほふ桃の花 した照る道に 出で立つをとめ」

という歌があります。

桃の花が紅色に美しく咲き、輝いている。

その色に照らされた道に立つ少女。

春爛漫の色に染まる美しい情景です。


『春泥集』与謝野晶子には、

「うすぐらき 鉄格子より熊の子が 桃いろの足 いだす雪の日」

という歌があります。

冷たく、白く輝く雪景色の中、薄暗い鉄格子から差し出された小熊の足 (肉球) の桃色が、柔らかい命の温かさと、はかなさを思い起こさせます。


古代中国では, 桃は長命の象徴で, その木は魔除けの力があるとされ、お守りに用いられていたとのことです。

日本でも、桃は中国から伝わり、邪気を祓う力があるとされ、奈良時代頃, 衛士(都を守る兵士)は, 桃染の衣を着ていたといいます。


現代の日本では、女の子の雛祭りに欠かせない花になっていて、桃色は、いわば女性的な色の代表格になっています。


【一言メモ】

男女間の情事を桃色遊戯などと言い, 性的な連想にもつながるのは、どうやら日本特有の現象らしいです。

ちなみに、桃色は桃の花のピンク色のことです。


☆バースデーカラー☆7月16日

【キーワード】

◇ Musical(音楽的な、音楽好きの)

◇ Spunky(勇気ある、怒りっぽい)

◇ Appealing(魅力的な、人を惹き付ける... )

さて、どんな人物なのでしょうか?。


【参考文献】定本 和の色事典新版 色の名前507COLOR STROLOGY


にじ色♪ハート友森 みどり

にじ色ハート♪
友森 みどり