色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:25 M:13 Y:75 K:46
  • R:107 G:112 B:58【#6B703A】

苔色(こけいろ)英語名モスグリーン

深く渋い黄緑

苔のような色のことです。

日本人は苔むした老木や庭園に、深い静逸さを感じる特別な文化を持っています。


天平年間に創建された西芳寺を「苔寺」と愛称し、心の静まる、深遠な空間として敬愛しつづけています。

欧米人や中国人とは異なる文化が、苔を通して見えてきます。


平安時代に記された「苔衣(こけごろも)」は、僧侶や隠者の衣のことで、苔色の衣のことではありません。


近年、苔色より英語名のモスグリーンの方がよく知られています。

 

この色 モスグリーンができたのは 1884年で、苔色という色名よりもはるかに新しいです。

 

染色物の色名として使われ始めたようで、おそらく近代繊維産業における流行色として登場したのでしょう。


日本でも、明治時代以降は、モスグリーンと呼ばれました。


【一言メモ】

◎ 苔について 

苔は花の咲かない背の低い植物の俗称です。

いわば名もなき草ですが、杉苔や銭苔と個性的な名前がつけられています。

 

☆バースデーカラー☆5月31日

【キーワード】

◇ Enduring(忍耐強い、永続的な、持続する)

◇ Active(活動的な、活発な、能動態の)

◇ Intelligent(利口な、知的な、知能豊かな)

さて、どんな人物なのでしょうか?


【参考文献】定本 和の色事典新版 色の名前507COLOR STROLOGY


にじ色♪ハート友森 みどり

にじ色ハート♪
友森 みどり