色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:35% M:63% Y:0% K:32%
  • R:112 G:76 B:115【#704C73】
  • 7.5P  4/6

古代紫【JIS】

江戸紫のような粋な紫を今紫と呼ぶのに対して、伝統的な少しくすんだ紫を古代紫と呼びます。

古くから紫は高貴な色とされていますが、古代紫も落ち着いた気品のある色です。紫に派手なイメージを感じてしまう方には古代紫の方がなじむかもしれません。

明治~大正時代に流行り、その時代の小説にも時折見かけます。


【参考文献1】新版 色の手帖,永田泰弘,ISBN4-09-504002-5,小学館辞典編集部

【参考文献2】決定版 色の名前507,ISBN978-07-248540-8,福田邦夫,主婦の友社


SEASON

SEASON
ゆう