色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:56 M:60 Y:22 K:50
  • R:66 G:59 B:78【#413B4E】
  • 7.5PB  3/1.5

二藍(ふたあい)

平安時代に愛好された紫系統の色であるが、着用者の年齢などによって色調が異なるため、赤紫から薄い青に近い青紫まで幅広い色合いをカバーしている。

二種類の藍(あい)を用いて染めた青みがかった薄い紫のこと。一つは一般的な藍染のアイでタデ科の一年草。

もう一つはキク科ベニバナ。ベニバナを用いた紅(べに)色は「くれない」とも読むが、これは中国の呉の国から伝えられた「呉藍くれあい」を意味している。

このことから、アイとベニバナによる染色の色を二藍という。平安時代から使われてきた伝統色名。語感がよいせいか、店の名前などによく用いられる。


【参考サイト】kotobank.jpgoo辞書きもの用語大全


PASTEL

PASTEL
尾川和世