色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:5 M:0 Y:80 K:20
  • R:196 G:192 B:75【#BDBA4D】
  • 1GY  7.5/8

鶸色(ひわいろ)【JIS】

JISの色彩規格では「つよい黄緑」としている。鶸の羽のような黄色みが強い黄緑のこと。

鶸はスズメ目アトリ科に属する小鳥の名で、日本にはマヒワ、カワラヒワ、ベニヒワなどがいる。鳥の色名としては珍しく古い。

中世から使われてきたとされ、江戸時代に流行した。染料には黄檗(きはだ)、または刈安(かりやす)と、藍(あい)を薄く用いて染めた。現代でも衣料品や陶磁器などに幅広く使われている色。


【参考サイト】kotobank.jpgoo辞書きもの用語大全


PASTEL

PASTEL
尾川和世