色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る
  • C:70% M:20% Y:0% K:30%
  • R:43 G:115 B:150【#2B7396】
  • 3PB  4/7.5

縹色(花田色)【JIS】

日本の藍染めの色で、藍色より少し薄く、色の濃淡で深縹、中縹、浅縹とよばれています。

源氏物語にも縹色の着物が登場しますが、平安時代には青の代表的な色として、かなり普及していたようです。

涼しげな色で、今でも呉服店では着物の色として通じます。

なかなか着物をきる機会は少ないですが、呉服店をのぞいて、着物ならではの色彩感覚を楽しむのも良いですね。


【参考文献1】新版 色の手帖,永田泰弘,ISBN4-09-504002-5,小学館辞典編集部

【参考文献2】決定版 色の名前507,ISBN978-07-248540-8,福田邦夫,主婦の友社


SEASON

SEASON
ゆう