色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

牡丹色【JIS】

牡丹色は、牡丹の花の色を模して藍と紅花で染めた、鮮やかな赤紫の色をいいます。

牡丹の花は古来、その絢爛な色と形から「富貴の花」として観賞され、その観賞記事は枕草子や栄花物語などの平安文学に見られます。

色彩名として牡丹の名前が登場するのは平安時代後期の「襲の色目」の色名としてであり、表裏の組み合わせは淡蘇芳、白、濃い赤などとされています。

染色としては、化学染料が普及した明治以降に定着し、流行した色名のようです。


参考文献