色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

紅藤

紅藤色は、紅色がかった藤色。赤みの淡い紫です。

紅藤の染色は藍で淡く下染めをし、紅花または蘇芳の紅赤色を上掛けします。

紅をかけた藤色ということで、「紅掛藤」、若向きの藤色という意味から「若藤」とも呼ばれます。

和装の色として藤色は年配向き、紅藤は若向きの色として区別されていました。また、江戸時代後期に人気があったといい、その頃の『染物屋覚書』には紅藤の紋付きの値段は色染の中で高価な部類に入っていたようです。


参考文献