色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

浅葱色【JIS】

薄い葱の葉のような色という意味で、藍染の薄い青色の代表的な色名の一つです。浅葱色には、濃浅葱・中浅葱・淡浅葱・水浅葱などたくさんの種類があります。

江戸時代に浅葱色は一般的な色になり、庶民の間でも広く使われていましたが、その後さらに丈夫で汚れの目立たない紺木綿が流行になっていきました。江戸庶民が、浅葱木綿をあまり使わなくなってからも、地方からの侍たちは羽織裏などに使い続けていたため、田舎侍の事を「浅葱裏」と呼んで揶揄したといわれています。

ちなみに「新撰組」の羽織の色も浅葱色を使っていました。


参考文献