色名辞典(色名の意味や解説)

スマートフォン対応サイト

色名辞典

色名一覧へ戻る

藍色

藍は人類最古の植物染料のひとつで、蓼藍の葉を発酵させて作られた染料です。

他の染料では染まりにくい麻や木綿などにもよく染まり、堅牢で退色しにくく、虫よけにもなるため、江戸時代には身分の高い人から庶民まで広く用いられました。江戸時代、奢侈禁止令によって華美な染色は制限されましたが、藍染だけは濃い染色でも禁止されることがなかったため、日本の代表的な色として定着しました。

明治時代に来日した小泉八雲は、著書「神々の国の首都」の中で、藍色に染まる日本の風景の美しさに魅了されたことを語っています。


参考文献